初めまして。ナースマンオタケと申します。

初めまして。ナースマンオタケと申します。

現在、30代男性看護師で2児の父をしています。

少し自己紹介と今までの経歴です。

中学卒業後、衛生看護科に進学し、

それからは男女比率10%以下の社会に身を置いて、生活中です。

看護師として医療法人、株式会社を経験し、現在は独立をするため計画相談員をしています。

たまに、精神科訪問看護で訪問看護師としても働いています!

何で看護師になろうと思ったのか

私が看護師を目指した理由は大きく分けて3つあります

では見ていきましょう~

母親から看護師を目指したらと言われたから

まずは母親からのこの一言でした。

「なんか新しく看護学校ができるみたいやからアンタ行ってみたら?」と中学3年生の頃に言われて、

「うん。そうするわ。」と軽く返事をしたことがきっかけで衛生看護科に進学することとなりました。

恥ずかしながら今まで勉強をしたことがほぼなく、人生は勉強だけが全てではないと変な自信があり、受験して受からないと学校にいけないことすら全く分かっていない状況から看護師を目指すことになりました。

担任の先生、両親、友人に支えられ無事に衛生看護科に入学することが出来ました(笑)

あの当時は本当に将来のことなんて一切考えていなかったので入学が出来て良かったと思います。

手に職を付けたかったから

先ほども述べましたが、一切勉強をしてこなかったので、進学できる高校すらあまりない状況だったので、看護師免許を取れば手に職を付けることが出来て、将来の不安がなくなると思ったので、衛生看護科に進学を決意。

今となってはあの時に自分の選択のおかげで今があるので感謝しています。

女子高はハーレムだと思っていた

思春期真っ只中の私にとっては衛生看護科=女子高

女子高はハーレムだと信じていた!!!!

これしか頭になかったように思えます(笑)

女性社会特有の人間関係などあの当時の私は全く知らなかったですし、看護師さんは白衣の天使

みんな優しく、素敵な社会だと希望に満ちあふれていました

全国12万件の看護師求人まとめて検索!【看護師求人EX】

看護学校で辛かったこと

入学から辛いと感じることが本当に多かったです。

では見ていきましょう(笑)

今までに経験したことのない女性社会

看護師を目指して行く学校のため、男女比率10%以下

男子は学年で5人。1クラス2、3人。

今までにはなかったくらい女子からイジられる毎日

身だしなみのダメ出し。教室に居場所がない。

いつしか男子の憩いの場は男子トイレに・・・。

勉強量の多さ

一般教科+看護教科の授業とテストがあった為、毎日がすごく大変。

学校も月曜日~土曜日までみっちり授業。

勉強をして来なかった私にはここが一番辛かったと思います…

入学した日からやたらと他学年から声をかけられ、有名人に

思春期真っ只中、女子高ならではの現象かもしれませんが、入学前からどんな男子が何人入学してくるのかで持ち切り状態になっています。

入学してからすぐに色んな人から声をかけられます。

入学してすぐに学年全員の男子の名前は学校中に広まっています…

私は特別、容姿が整っている訳でもなく、口が立つ方ではございません。

男子ってだけで良くも悪くも目立ちます。

興味本位からやたら声をかけられますし、度キツイ冗談も飛んできます

良くも悪くも目立つことについては今もあんまり変わっていませんが(笑)

看護学校に入学して良かったこと

身だしなみに気を付けるようになった

先ほど述べたように身だしなみに対してのダメ出しが多かったと述べました。

が、このおかげで身だしなみに気を付けるようになり、オシャレに気を遣うようになりました(笑)

何かと同級生の女性陣からファッションチェックが入りました。

おかげで日に日にオシャレになれました

コミュニケーション能力アップ

最初はイジられ倒される日々が続いていましたが、数年後には自ら進んで会話の中心に(笑)

この環境のおかげでコミュニケーション能力が格段に上がり、今では私の武器になっていると思います。

気がつけば異性の方と話すことに抵抗感はなくなり、生きていく上で必要なコミュニケーション能力が勝手に身についていました。

同級生の男子と一生の付き合いに

男子が少なかった分、男子の絆がすごく出来た。

今でも毎年、年に数回みんなで集まり夜な夜な出かけています。

就職仕立ての頃は週1でみんなで集まって遊びに行っていました。

今ではみんなそれぞれ家族が出来、集まる時は大所帯になっています(笑)

就職編

ここからが本題。

療養病棟で勤務

学生時代にアルバイトをしていた病棟に就職する。

いざ、就職し働き出すと人間関係、不規則な勤務が大きなストレスに

3年半勤務するも看護師以外の友達との交流が増え始め、看護師の働き方に違和感を覚え退職。

フリーター生活をする

特にやりたいことも見つからず、半年間は自宅近くで生まれて初めて医療系以外の仕事に就く。

全てが新鮮に感じるも、看護師になるための勉強しかしてこなかったことに気が付き、

再び、看護師に戻ることを決意し、自分はどんな人の役に立ちたいか考えるようになり、

精神科訪問看護に就職することを決意する。

訪問看護に就職

求人サイトを利用し株式会社が運営する精神科訪問看護ステーションに就職する。

自分が想像していた寄り添った看護ができる環境に就職ができて、

初めて看護師になって良かったと思えるようになる。

色んな人達との交流が増え、毎日が充実していました。

そして入社3年目には小さな役職にも就くことができ、人生の転機に。

現在は相談支援専門員

将来的に独立することを考えて計画相談員に転身する。

相談支援立ち上げに参加し、ひとりぼっち相談支援生活がスタート。

現在は精神障害専門で支援を行っております。

結局は訪問看護の魅力も捨てられず、相談支援を通じて知り合った素敵な訪問看護ステーションさんで定期的にアルバイトをしています。

合わせて独立に向けて、計画相談員のスキルアップ+人脈づくり中です(笑)

将来的に相談支援から小さく独立をして、夫婦で訪問看護ステーションを開業することが目標です!!!

計画相談員はニーズがすごく高いのに、

なり手不足で困っている人が沢山いますよ~

看護師兼計画相談員はかなり重宝されるので、

ボクと一緒に頑張りませんか~?

まとめ

最初は自分自身強い志を持って看護師になった訳ではなく、人に言われたから看護師になり、働いてきました。

その途中で大きな挫折もあり、一時的に看護師を辞めた経験もある自分だから悩んでいる看護師さんの力になれることもあります。

ブログを通じて悩んでいる看護師さんの力になれるように精一杯頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

最後までお読み頂きありがとうございした!


ナースマンオタケ

関西在住の30代男性看護師🦸
夫婦共に看護師をしており、2児の父☺️
病棟、訪問看護を経て現在はひとりぼっち相談支援事業所勤務✌️
男性看護師、男子看護学生に役立つ情報を発進中~♪

ナースマンオタケをフォローする
タイトルとURLをコピーしました